ママンディッシュ

Maman Dish
自然に、美しく、楽しく。
キチンと暮らすための
マクロビオティックという選択。
美しさと楽しさは、心と体の調和がもたらします。
心豊かに、健康に暮らすための知恵を、わたしたちママンディッシュはマクロビオティックに求めました。
理論ではなく自然に、理屈ではなく美しく、我慢ではなく楽しく、きちんと暮らすためのマクロビオティックという選択。
季節を食べる、丸ごと食べる。
古来私たちは、季節を暮らし、季節を食べてきました。
人から人へ、親から子へ伝えられた大切な知恵です。
語り合い、語り継ぐ大切なこと。
自然に、美しく、楽しく、キチンと暮らす。
ママンディッシュのマクロビオティックです。

マクロビオティックって何?

マクロ「大きな」・ビオ「生命」・ティック「方法・術」のギリシャ語に起源を持つ3つの語意を持つ言葉で、意味はそのまま「長く生きるための方法・理論」を意味します。
ひとことで言うと、環境に合わせてカラダだけではなくココロまでいきいきと心地よく自由に暮らすための方法・ライフスタイルなのです。
米国を中心に全世界では約400万の実践者がいるといわれ、その中にはハリウッドスターやスーパーモデル、著名なアスリートや政治家が含まれていることでも有名になりました。
マクロビオティックでは特に食事法が重要です。
大切なことは、季節や体調に応じて、それぞれの食べ物が持っている力や影響を理解しながら採り入れて、人間が本来持っている自然なバランスを図っていくことです。
心身の不調もカラダのバランスが不自然であるために生じるもの。
自然のバランスを取り戻せば、不調は改善され、いきいきとした生活が送れるはずです。

お肉を食べないと栄養が足りないんじゃない?

全粒穀物を中心に、野菜、豆類・海草、スープ・味噌汁を基本食とするマクロビオティック食事法にはこんな疑問が寄せられます。
そんなことはありません。
何世紀にもわたって人々に長寿をもたらしてきたマクロビオティックでは豆からたんぱく質を、野菜や海草、果物、種子からビタミンやミネラルをたっぷり摂れます。
マクロビオティックの食事法は全米アカデミーの栄養基準を満たし、国連のFAO・WHO(食料農業委員会・世界保健機関)のガイドラインに合致した食事法です。

健康や美容によさそうだけど美味しくないんじゃない?

土に植えればそのまま芽がでる生命力を持った玄米は上手に炊けばふっくらもっちり、噛むほどに「味わい」があり、白米ではなんだか物足りなくなるほど。
皮をむかずにまるごとシンプルに調理した季節のお野菜にはしっかりした味があり、ほっくりとしたやさしい「甘味」で体を満たしてくれます。
野菜だけでこんなに美味しいのとびっくりされるでしょう。
長期間自然に熟成された良質の味噌を使ってつくる味噌汁には豊かな「旨み」があります。
味噌と同様、質のよい醤油は、瓶の蓋を開けるとなんとも言えないよい香りが広がります。
こうした調理料は、調理に余計なものを必要としません。
野菜や豆、海草の本来の美味しさを引き出してくれるのです。
強烈な刺激に満ちた味覚に親しんでいる現代人には、最初はこうした食事が物足りないと感じることがあるかもしれません。
しかし、本来の感覚を取り戻すにつれ、自然の生み出す旨みに気づくはずです。

マクロビオティック食事法7つのルール

1. 穀物を主役に

日本の「主食」の概念を大切にして、無農薬の精製しない穀物を食事の中心に捉えましょう。

2. 有機無農薬栽培の野菜や海藻を

3. その土地、その季節のものをチェックして

大地(自然)と身体はつながりがあり、バラバラではありません。現在の日本では一年中同じものが食べられますし、世界各国の食べ物も日本にいながら食すことができます。こうしたものもたまに嗜好品として摂るのは良いですが、それで身体の土台を作るわけにはいかないのです。

4. 丸ごとすべて使うように心掛け

私たちの身体を作る穀物や野菜の命を削らないようにしましょう。野菜は皮も根も合わせて一つの全体的な命をなしています。どれ一つかけても死んでしまいます。一物全体で初めて生命力のある栄養バランスのとれたものとなります。

5. 長期・天然醸造の調味料を用いて料理し

化学調味料や添加物は肝臓や腎臓に大きな負担を与えます。長期熟成された味噌や醤油はそれ自体、酵素でありミネラルであり有効微生物であり、低分子化された蛋白質なのです。

6. バランスを考えながら

食物にはそれぞれ陰・陽の性質があります。その性質をうまく利用してバランスのとれた食事を作りましょう。

7. よく噛んで美味しくいただきましょう

一口30回以上噛みましょう。唾液には身体を浄化する作用があります。
このページのTOPへ
本 店 / 宮崎市中央通1-1ツインズビル1F TEL・FAX 0985-32-7927 大橋店 / 宮崎市大橋1丁目165番 TEL 0985-22-8312 FAX 0985-23-5931  カリーノ店 / 宮崎市橘通東4−8−1 カリーノ宮崎B1F TEL 0985-78-0077  Copyright(C) Freshshop Satoh Co., Ltd. All rights reserved.